「糖鎖」でヘルシースマート・リカバリー Smart-Recovery.com

糖鎖のはたらき

「糖鎖」に必要な栄養素

糖鎖を構成する栄養素が供給されなければ、また糖鎖が正常に機能しなければ、栄養素を十分に摂ったとしても健康は保てません。では、糖鎖にはどのような栄養素が必要なのでしょう。
現在分かっている200種類ある単糖のうち、わずか8種類の単糖の組み合わせによって糖鎖は作られています。自然の植物にも含まれ食事から摂取できるグルコース、ガラクトース、マンノース、フコース、キシロースから、食事からほとんど摂れない:N-アセチルグルコサミン、N-アセチルガラクトサミン、N-アセチルノイラミン酸の8種類の単糖です。
糖質栄養素は、主にグルコースを基に肝臓で作られますが、食環境の悪化やストレス等による活性酸素が影響すると栄養素の生成が阻害されることもあり、糖鎖環境を整えるためには外部から直接(口から)摂取し、補う方法が提唱されました。

糖鎖に必要な栄養素8種

「糖鎖」の機能を正常に活性化するには、普段の食生活が重要です。

自然から摂取できる食物には糖鎖栄養素が含まれています。ただし、食物から直接取り込むには相当の量の含有食材を食べなければ目に見える変化はあらわれません。また栄養含有食材も限られています。

だから、踏査の栄養を満たす機能食品で、踏査の正常化・活性化をサポート。

それが毎日できる<ヘルシー スマート・リカバリー>

糖鎖栄養素含有食品について

ページトップへ▲